Cantina Arcoの立春レシピ「カリフラワーのパスタ」

2021-02-09

カンティーナ・アルコ(Cantina Arco)の立春レシピ「カリフラワーのパスタ」

南イタリアの家庭料理。ビタミンC豊富で風邪予防や美容効果にも期待。

今回は、家庭でもっと活用したい冬野菜、カリフラワーの登場です。

ブロッコリーのお姉さんのような存在で、日本にずいぶん昔からあるわりには、食卓への登場頻度はあまり高くない野菜ではないでしょうか?

実はビタミンCを豊富に含み、しかも熱を加えても壊れにくいという特長を持っています。免疫力を高め、疲労回復や風邪予防、美肌の効果なども期待できる、冬野菜の優秀選手なんですね。

イタリアンレストランCantina Arcoの清水美絵シェフから教わるレシピ「カリフラワーのパスタ」は、南イタリアのお母さんの味。シェフも現地での修業時代に、よくまかないで食べていたそうです。

今回も、シンプルな材料に簡単な手順ながら、カリフラワーの新しい魅力に出会える感動レシピです。カリコリと堅めの食感でもなく、ポタージュのようでもない、ちょうどよい食感もポイントですよ。

■材料(3~4人分)

カリフラワー ………………………………約800g(大きめなら1個・小さめなら2個)

にんにく ……………………………………4かけ

エキストラバージンオリーブオイル ……150cc

唐辛子(鷹の爪)……………………………少々

塩 ………………………………………約5g程度

パスタ(ペンネ)……………1人分70~80g×4

パルミジャーノ・レッジャーノ……………適量

■作り方

①カリフラワーを切り分ける

カリフラワーを小房に切り分ける。軸もスライスして使用できる。

②にんにくをスライスして炒める

にんにくの皮をむいて、3~4mm程度のやや厚めにスライスする。

大きめの鍋に、エキストラバージンオリーブオイルとにんにく、お好みで鷹の爪を入れ、にんにくがきつね色になるまで弱火で香りを引き出す。

鷹の爪は取り出しておく。

③カリフラワーを蒸し煮にする

カリフラワーをボールに入れて洗う。

水に浸かっている状態からつかんで③の鍋に入れる。

水が少し一緒に入るぐらいがポイント。

塩を3つかみほど(約5g程度)入れ、ふたをして、弱火で20分じっくり蒸し煮にする。

へらで時々混ぜ、半ペースト状につぶしてソースにする。

つぶつぶ感を残すのがポイント。

④パスタをゆでてカリフラワーのソースと合わせる

1%の塩水でパスタをゆでる(写真は1人分)。

ゆでたパスタをカリフラワーのソースに絡めて、パルミジャーノ・レッジャーノと和えてできあがり。

ひと口食べると、旬の野菜が持つ素朴でやさしい味わいに思わずうっとり。

コクや旨みもあり、動物性の素材と組み合わせなくても、カリフラワーだけでしっかりと満足感があることに驚きます。

清水シェフによると、美味しく作る秘訣は

・カリフラワーを下茹でせずに生から蒸し焼きにすること

・エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使うこと

そこにニンニクの風味とチーズのコクが加わって、絶妙なバランスになるのですね。

生から蒸し焼きにすることで、水溶性のビタミンCを丸ごといだたけるのも嬉しいポイント。

カリフラワーのソースは作り置きもおすすめなのだとか。ワインのおつまみにも魅力的です。

私たちが持つパスタの印象を心地よく覆してくれる、野菜が主役のパスタソース。

イタリアのマンマの味、ぜひお試しを。

Cantina Arco(カンティーナアルコ)のオーナーシェフ、清水美絵さん

幼い頃から料理が好きで、学生時代から「自分の店を持ちたい」という思いを抱く。調理師学校卒業後、京都のイタリアンレストラン「アンティコ」に6年間勤める。研修で訪れたイタリアの文化に心奪われ、南イタリアのソレントで修業。2014年にカンティーナアルコをオープン。「さまざまな食材を加えて旨みを重ねるよりも、メインとなる素材の味を活かす引き算の美味しさを大切にしたい」と、素朴な南イタリアの郷土料理、マンマの味を届けることに日々力を注いでおられます。




店舗情報

店名
カンティーナ・アルコ
電話番号
075-708-6360
住所
京都市中京区油屋町145 洋燈館1F
営業時間
昼 14:00~16:30(L.O.)
夜 18:00~翌0:30(L.O.)
※営業時間短縮の要請により営業日・営業時間につきましては、店舗にご確認ください。
定休日
水曜日、月1回連休